灯油をこぼした!そんなときの対処法

灯油をこぼしたときの対処方法は

車内で灯油缶を転倒させてしまった

灯油を車内でこぼしてしまうと、灯油独特のにおいが車内に充満してしまい、車に乗る度に気になってしまいます。 人によっては頭が痛くなり体調を崩してしまう人もいるようです。

においがなかなか取れない

灯油を車内でこぼしまったので、タオルで拭き上げてもなかなかにおいを除去することができません。 灯油のにおいは、なかなかにしつこく簡単には消臭できないのです。

灯油缶

対応方法に困っていませんか?

灯油をこぼしてしまったとき、どのように対処したらよいのでしょう。
灯油のにおいを放って置くと、車内ににおいが充満してしまいます。

そうなってしまう前に消臭と清掃をしっかりと行う必要があります。

トランクにこぼしたときの対処法(個人編)

まずは灯油を吸い取る!

できるだけ早く、ボロ雑巾や布、新聞紙などでこぼした灯油を吸い取ることが第一です。染み込んでしまうとなかなか取れなくなってしまいます。

こするのではなく、上から叩くように吸い取ってください。こすると逆に素材を傷めてしまう恐れがあります。時間がなければ上から重しになるようなものを置いて吸い取るのも良いでしょう。

内装の洗浄をする!

トランクにこぼしてしまったことで、布地の内装にもこぼしてしまった場合は、それらも取り外して洗浄します。そしてしっかり干して乾燥させてください。

取り外せない部分などは洗濯用の粉状の洗剤などを振りかけて、油分を吸収させ掃除機などで吸い取りましょう。掃除機が使えない場合はホウキをうまく使って洗剤を取り除いて下さい。

また、灯油はアルコールと中和する性質を持つので、アルコール除菌スプレーなどを吹きかけて乾燥させるのも良いでしょう。

シートにこぼしたときの対処法(個人編)

やっぱりまずは灯油を吸い取る!

トランクの時と同様になるべく早く灯油を吸い取ることが大事です。 こすったりせず、軽く叩くようにしましょう。吸い取り終わったら、中性洗剤をうすめて、 それを染み込ませたタオルを固く絞り、こぼれた部分を同様に軽く叩いて下さい。

これを繰り返し、その後、お湯につけて固く絞ったタオルで叩きます。これも繰り返し行います。

シートを取り外して洗浄!?

シートに灯油をこぼしてしまうと、灯油が染み込んでしまいにおいの原因になってしまいます。したがって、シートごと洗浄することをオススメします。

しかし、シートを取外して丸ごと洗浄するのは現実的ではないですよね。。。

車内クリーニング専門店「キレイカー」ができること

車内クリーニング専門店が提供する車内清掃

車内の徹底消臭

キレイカーでは臭いや汚れの状況に応じ、特殊な洗剤を組み合わせたり、光触媒やオゾン脱臭などを個人レベルで使用することが難しい機材などを使って車内の消臭を行います。

シートを取り外して洗浄(シート丸洗い)

キレイカーではシートを取り外して、専用の機材でシートを丸洗いし内部に染み込んだ液体による汚れを取り除くことができます。

今まで培ってきた経験により、適した特殊洗剤を使用し、徹底的にシート洗浄します。

キレイカーが提供する車内クリーニング

キレイカーでは、高品質・丁寧な車内クリーニングを最適価格で提供することを約束しています。

そして、いまならWebキャンペーン中です。詳細はお電話にてお問い合わせください。

車内クリーニング専門店「キレイカー」のご紹介

キレイカー

キレイカー

車内クリーニング専門店「キレイカー」のご紹介をさせていただきます。

キレイカーは福岡・佐賀でこれまでに1,000件以上の案件を解決してきたエリア実績No.1の車内クリーニング専門店です。

車内の清掃や消臭ならお任せください!

車内クリーニング 料金表

項目通常価格新規限定
プレミアム(シート1席の場合)16,000円8,000円~
消臭剤の追加5,000円4,500円
シートの脱着2,000円2,000円

対応エリア

  • 福岡県
  • 佐賀県

お気軽にお問い合わせください

LINEからもお問い合わせできます♪
24時間受付のフリーダイヤルでお問い合わせ

※翌日折返しの場合あり